石打丸山スキー

肉離れで2か月休養して休み明け初戦です。

最初の診断だともう少し早く復帰できそうだったんですが、3週間も松葉杖生活した後、普通に歩けるようになってきたところで1週間海外出張があって運動できなかったりで、実際まだ完治はしてないのですが、後は加減しながら運動しつつ筋肉をつけて直していくようです。ロードバイクにはこの2週間前くらいから乗り始めて、ようやくスキーに復帰という感じに。

 

そんな状態なので、新幹線で日帰り。いつものえきねっとのパックです。越後湯沢へ往復新幹線と石打丸山の1日券で11,700円。今年はちょっとローカル目なところと大きいところで差額が少ないようなので石打に。

残り短い2階建てMaxときです。実際、今まで何回乗ったんだろうな。

 

越後湯沢についてみると、ないとは聞いていたけど、全然道路に雪がない。2月の湯沢とかたいてい雪降ってるから、群馬のほうがいいなっていうのがいつもですが、今年はこのあたりで湯沢に行っとかないと雪がなくなって1度もこれなくなるのではという不安もあっての選択でした。

 

 

スキー場に着いて、とりあえず山頂。確かに里の方も雪少ないなという景色。曇りくらいで景色はいいですが。なんとなく雪質的にもちょうど1か月後の3月後半の春っていうくらいでした。麓のほうはところどころ地面も見えてましたが、全面滑走可能ということでまずまず。って書いてあった気がしたけど、国体コースは閉まってたか。全体的に上のほうがやはり雪がよかったので、いいところは混んでた印象。

 

銀座ゲレンデあたりからもう雪が緩くなっていたので、人少な目で、逆に滑りやすかったですね。痛くて全然とかではなかったですが、やはりケガ明けでいまいち滑れずであまり攻めずにのんびりです。

youtu.be

 

 

 ケガの完治のしてなさが、これ。まだ酒飲むと明らかに調子が悪くなるので。でも何となく雰囲気を出したい。というか、最近もうノンアルコールビールに慣れてきて、これでいいやってなってきてます。

 

 夕方帰るときに一番下まで降りてくると、来た時よりも雪が解けてしまってました。1日中、ジャケットいらないか中にはTシャツの人もいるくらい暑かったですし。

 

 

 越後湯沢駅まで帰ってきて、相変わらず混んでて、新幹線の時間まで並んでご飯食べるほどは無かったので立ち食いそばと屋台で食べ歩き。笹団子おいしい。でも手がぐちゃぐちゃになって写真は撮れていない。

 

ぽんしゅ館はこれになるので回避、というか入場待機列ができるほどだったのでダメですね。

 

そんな感じで、無事スキーに復帰してきました。この調子なら今シーズンまだ何回か行けそうです。ただ雪がなぁ・・・・・・